第1条背景

  1. mUniSmストアは一般に公開されているサイトで、プロバイダがそこからライセンスを受けたアセットの配布をカスタマーに行うことができます。
  2. 本契約は、コンテンツ制作者としてのプロバイダとmUniSmストアの運営者としてのmUniSmとの間の法的関係を規制します。
  3. 本契約の目的は、mUniSmのオンラインおよびエディタ内のストアサービスを通じた、プロバイダによるアセットの配布のための法的枠組みを確立することです。

第2条定義と解釈

  1. 付属書との本契約の目的のために、以下の用語は、別段の記載がない限り、または文脈から明らかでない限り、以下の意味を有するものとします。
    契約
    このmUniSmストア販売利用規約
    アセット
    1. 電子ゲームおよびデジタルメディアの開発を促進するために設計されたソフトウェア。
    2. 内容(例えば、3Dコンピューターグラフィックス、サウンド、音楽を含むコンピューターグラフィックス、チュートリアル、およびその他のデジタルゲームのデジタルコンテンツの組み込みおよび組み込みコンポーネントとなるためのデジタル素材)。 mUniSmストアガイドラインはいつでも有効であり、mUniSmストアを通じて配布されています。
    ブランドの特徴
    そのような当事者によって時々所有される(または認可される)それぞれの当事者の商号、商標、サービスマーク、ロゴ、ドメイン名、およびその他の独特のブランドの特徴。
    キャンペーン
    31日を超えない期間においてアセットのライセンスが割引価格で、または無料で(通常は手数料が請求されるアセットに関して)提供される、mUniSmストアを介したキャンペーンまたはプロモーション。
    カスタマー
    mUniSmストアを介してアセットへのライセンスを取得する個人、会社、またはその他の法人。
    ダッシュボード
    mUniSmストアのプロバイダに提供されるオンラインプロジェクトダッシュボード。
    EULA
    mUniSmストアエンドユーザー使用許諾契約書、すなわちEULA
    最低価格
    ダッシュボードやmUniSmストアで示されているように、プロバイダアセットへのライセンスに設定できる最小価格。
    プロバイダ
    本契約に同意し、本契約の条件に従ってアセットを配布するためにmUniSmストアによって登録および承認された個人、会社、またはその他の法人。
    パーティ
    mUniSmやプロバイダ。
    支払い処理人
    カスタマーからmUniSmへの支払い、またはmUniSmからmUniSmストアを介して配信されたアセットのプロバイダへの支払いの支払い処理サービスを提供することをmUniSmによって承認された当事者。
    プロモーション割引
    そのアセットを含むキャンペーンの開始の少なくとも31連続日前にプロバイダがそのアセットのダッシュボードでオプトアウトを選択した場合を除き、mUniSmストアはプロバイダにそのアセットに対するライセンスの価格の低い方による割引を行わせることができます。
    1. 100パーセント未満の割合。
    2. そのキャンペーンの開始日の少なくとも31連続日前に、そのアセットのダッシュボードでプロバイダが設定した最大パーセンテージ。
    3. 適格基準なしにすべてのエンドユーザーに提供されるキャンペーンの割引。
    4. 1つのアセットに対して1つの価格で複数のライセンスを提供してはならず、毎月12回の連続期間につき最大2回まで、かつ連続した日数は14日以内に限ります。アセットへの影響を受けるライセンスの価格は、キャンペーン中、またはダッシュボードやmUniSmストアがその裁量で示すように、キャンペーンの前後の31日間連続してプロバイダによって変更されることはありません。
    源泉徴収税、消費税、VAT、政府による課税など。
    mUniSm
    mUniSm Co.,Ltd.
    mUniSmストア
    mUniSmが運営するストアサイト。
  2. EULAに準拠して、アセットはライセンスされており、販売されていません。本契約では、アセットの価格またはアセットの売却/取得に関する言及は、便宜上の目的のためにのみ行われています。すべての場合において、これはアセットへのライセンスの価格またはそれらのライセンスの売却/取得を意味します。

第3条本契約への同意

  1. 本契約は、プロバイダがアセットを配布するためにmUniSmストアを使用することに関連して、プロバイダとmUniSm間の法的拘束力のある契約を形成します。 mUniSmストアを使用してアセットを配布するには、プロバイダは、mUniSmストアでアセットを配布する前に、プロバイダによる本契約の承諾を示すボックスをオンにして、本契約に同意する必要があります。プロバイダが本契約に同意しない場合、プロバイダはmUniSmストアでアセットを配布することはできません。
  2. プロバイダに代わって本契約を締結する者は、プロバイダを拘束する完全な法的権限を有することを表明し保証します。
  3. プロバイダは、プロバイダがすべての必要な特許、商標、企業秘密、著作権または著作権を含むすべての必要な知的財産権を有さないと合理的に主張する第三者にプロバイダの名前、住所およびその他の連絡先を転送する権利を与えることを明示的に承認し同意します。 プロバイダのアセットにおける、またはそれに対する他の所有権。 プロバイダはまた、mUniSmストアでのアセットの配布に関連する個人データの取り扱いは、ここに記載されているプライバシーポリシーによって管理されていることに同意します。

第4条料金と支払い

  1. 本契約は、プロバイダが無料で配布することを選択したアセットと、プロバイダが料金を請求するアセットの両方のライセンスを対象としています。mUniSmストアを通じて配布されるアセットのライセンスに対するすべての料金は、ペイメントシステムによって処理されなければなりません。
  2. 価格が下限価格を下回らず、プロモーション割引の対象となる限り、プロバイダはプロバイダのアセットに対するライセンスの価格を米ドル(USD)で設定することができます。実用的な目的のために、すべての価格は完全な米ドル金額でプロバイダによって固定されるものとします。 mUniSmストアは、プロバイダのアセットの価格を米ドルまたはmUniSmが目的にかなっていると考える可能性があるその他の通貨でカスタマーに表示することがあります。 mUniSmは他の通貨で異なる価格を設定することを選択することがあり、設定された価格の正確性、または通貨とコンバージョン率については責任を負いません。
  3. 第4.2条に基づいて設定された価格が、プロバイダが受け取る支払額を決定します。販売価格の70パーセント(払い戻し、プロバイダへの振替に関連する銀行手数料、および税金を除く)は、各プロバイダ毎に用意されている収益ポイントに保持されます。残りの30パーセントはmUniSmに割り当てられ、保持されます。上記に限定されず、払い戻しが本契約の下でプロバイダの代わりにmUniSmによって提供される場合、mUniSmはそのような払い戻し額のプロバイダ部分を現在のプロバイダの残高から差し引いて保留することができます。プロバイダアセットへのライセンスは、他のアセットへのライセンスとともに、mUniSmストアを介して提供される場合があります。そのような場合、プロバイダは支払いの比例配分を収益ポイントとして受け取ります。
    1. プロバイダは保持している収益ポイントから特定の金額(100USD以上、かつ10USD毎に指定可能)とPayPalアカウントを指定し、送金申請を行うことができます。 mUniSmは金額とPayPalアカウントの審査を行い、問題がなければプロバイダの保持している収益ポイントから手数料を差し引いた金額を指定されたPayPalアカウントに対して送金を行います。
    2. 指定したPayPalアカウントとは異なるアカウントに送金を行った等mUniSm側に責任がない場合においては、送金申請後の返金・差し戻しへの対応は行われません。
    3. 4.3.2節にてmUniSm側の責任で返金・差し戻しを行う場合、速やかに該当プロバイダの収益ポイントに返金を行います。
    1. プロバイダは、(a)プロバイダからのアセットのためのライセンスの購入のための取引に関する税金の徴収および支払いに対して単独で責任を負う。 (b)どの課税管轄がその課税に関して管轄権を有するかにかかわらず、mUniSmから受領した支払いに対する課税。より明確にするために、mUniSmが明示的に別段の定めをしている場合を除き、mUniSmからプロバイダへの支払いはすべて税金(源泉徴収税以外)を含み、該当する法律でmUniSmがプロバイダに起因する金額を保留することを要求する場合プロバイダが、より少ない源泉徴収税を裏付ける適切な税務書類をmUniSmに請求しない限り、プロバイダに支払われる金額は源泉徴収税のためにまとめられることはありません。
    2. mUniSmは、mUniSmが第4.4項に基づくプロバイダの義務の履行およびmUniSm自身の課税義務を説明するために必要とみなすため、プロバイダは、あらゆるすべての情報および文書をmUniSmに提供します。本契約または法律に基づくその他の救済手段の制限なしに、かかる情報または文書の提供を怠ったプロバイダは、当該情報または文書の提供まで無期限に本契約に基づくプロバイダへの支払いを停止する根拠となります。一時停止された支払いは、いかなる種類の利益も生じず、またその権利を得るものではありません。
    3. プロバイダは、mUniSmが、その裁量により、独自の裁量で、プロバイダに代わって、全体的または部分的に、4.4.1項(a)に基づく回収および/または支払いのための手段を提供することに同意します。ただし、より確実にするために、プロバイダは、mUniSmがそのような行動をとることについて一切の責任を負わないこと、またはこれに責任を負わないことに同意します。さらにそのような行動をとるmUniSmは、第4.4条に基づく義務からプロバイダを解放してはならず、プロバイダは常にそのような義務の履行に対して責任を負うものとします。
  4. プロバイダはアセットを無料で配布することもできます。アセットが無料の場合、mUniSmは上記のセクション4.3に記載されている30パーセントを受け取る権利を有しません。プロバイダは、将来、それらのカスタマーが以前に無料でダウンロードしたアセットのコピーに対してカスタマーから料金を徴収することはできません。
  5. 払い戻しの要件
    1. 払い戻しに関するペイメントシステムの標準的な利用規約が適用されます。ただし、以下の条件は、プロバイダによるmUniSmストアでのアセットの分配に適用されます。
    2. プロバイダがカスタマーから購入後2週間以内に払い戻しを要求され、プロバイダがカスタマーに直接払い戻しを提供しなかった場合、次のような状況においてプロバイダは代理としてカスタマーにライセンス価格の全額払い戻しを与える権限をmUniSmに許可します。
      1. 本アセットが最新のUnityの正式リリースと互換性がなく、本アセットがそれほど互換性がないことを示す情報がmUniSmストアに提供されていない。
      2. 本アセットに無許可の知的財産が含まれる。
    3. カスタマーが本アセットを返却および/または払い戻しを受けた場合、本契約で許諾されるすべてのライセンス権はEULAに基づいて終了し、カスタマーの管理または所有している本契約に基づくあらゆる種類のメディアに含まれるすべてのコピーを直ちに破棄するよう指示されます。
  6. プロバイダサポート
    1. プロバイダは、プロバイダのアセットのサポートと維持、およびプロバイダのアセットに関する苦情に対して全責任を負います。プロバイダの連絡先情報は各アセット詳細ページに表示され、カスタマーサポート目的でカスタマーに提供されます。
    2. プロバイダのアセットに対する十分なサポートを提供しなかった場合、アセットの格付けが低くなり、アセットが目立たなくなり、売上高および請求のトラブルが少なくなる可能性があります。 50USD未満で売却されたアセットでトラブルが発生した場合、mUniSmは、プロバイダの費用で、購入代金として請求された手数料に加えて、購入金額全額をカスタマーに返金します。50USD以上で売却されたアセットに対する返金要求は、ペイメントシステムの標準ポリシーに従って処理されます。
  7. 再インストール
    • プロバイダは、アセットをmUniSmストアで入手できる限り、アセットのライセンスを取得したカスタマーがアセットにアクセスしてダウンロードすることができることに同意します。お客様による本アセットの使用は、引き続きEULAの対象となります。
  8. 寄付
    1. 無料アセットのプロバイダは、以下の条件が満たされていることを条件に、自分の仕事に対して間接的な寄付を要求して受け入れることができます。
      1. 寄付は、各自のWebサイト上のプロバイダ独自の支払取引システムを介して処理されます。
      2. プロバイダの無償アセットには、プロバイダがmUniSmストアの外で販売するこのアセットの特別な拡張バージョンはありません(したがって、上記4.3で指定されているように、mUniSmを優先して支払いを回避できます)。
      3. ビルドされたアプリやゲーム、Unityプロジェクト(実行ファイル、ブラウザゲームなど)に組み込まれている場合、またはエディタに埋め込まれている場合、寄付を要求できません。
      4. 寄付の依頼は、本アセットのmUniSmストアのページにある「寄付を受領しました」というテキスト/説明自体を使用して説明します。

第5条プロバイダによるmUniSmストアの利用

  1. 以下の第6条でプロバイダによって付与されたライセンス権を除き、mUniSmは、本契約に基づいてプロバイダ(またはプロバイダのライセンサー)からプロバイダが提供するいかなるアセットについても権利を持たないことに同意します。
  2. プロバイダは、(a)本契約、および(b)関連する管轄区域で適用される法律、規制、または一般に認められている慣行またはガイドライン(データまたはソフトウェアの輸出に関する法律を含む)によって許可されている目的にのみmUniSmストアを使用することに同意します。
  3. プロバイダは、プロバイダがカスタマーのプライバシーと法的権利を保護することに同意します。カスタマーがプロバイダにカスタマーの名前、パスワード、その他のログイン情報または個人情報へのアクセスまたは使用を提供する場合、プロバイダはその情報がプロバイダに提供されることをカスタマーに知らせ、プロバイダは法的に適切なプライバシーを提供する必要があります。それらのカスタマーに対する注意と保護。さらに、プロバイダは、カスタマーがプロバイダに許可を与えた限られた目的のためにのみその情報を使用することができます。プロバイダのアセットがカスタマーから提供された個人情報または機密情報を保存する場合、それは必要とされる限り、プロバイダによるそのような情報へのアクセスまたは使用に関する法律に完全に準拠する限り安全に保管されなければなりません。ただし、プロバイダとの別の契約をカスタマーが選択した場合、プロバイダのアセットに直接関連する個人情報または機密情報をプロバイダまたはプロバイダのアセットが保管または使用することを許可します。
  4. 禁止されている行為
    • プロバイダは、プロバイダがアセットの開発または配布を含め、デバイス、サーバー、ネットワーク、またはカスタマー、mUniSm、ペイメントプロバイダ、またはネットワーク事業者を含む,もしくはこれらに限定されない第三者の財産またはサービスを不正に妨害、妨害、損害またはアクセスする行為をmUniSmストア上で行ってはならないことに同意します。
    1. プロバイダは、プロバイダがmUniSmストアから取得したカスタマー情報、またmUniSmストアを介して取得したカスタマーを使用して、mUniSmストア外でアセットを販売または頒布することはできません。
  5. 競業避止
    1. プロバイダは、mUniSmストア外へのアセットの配布を容易にすることを主な目的とするアセットを配布または利用可能にするためにmUniSmストアを使用することはできません。
  6. プロバイダは、プロバイダがmUniSmストアを通じて配布するアセットおよびプロバイダの行動の結果(mUniSmが被る可能性のある損失または損害を含む)に対して、プロバイダが単独で責任を負う(そしてmUniSmはプロバイダまたは第三者に対して一切責任を負わない)ことに同意します。
  7. プロバイダは、本契約、該当する第三者の契約または利用規約、あるいは適用される法律または規制に基づくプロバイダの義務の違反に対して、プロバイダが単独で責任を負います。そして、そのような違反の結果、mUniSmまたは第三者が被る可能性のある損失または損害に対してmUniSmはプロバイダまたは第三者に対して一切の責任を負いません。
  8. アセット格付け
    1. mUniSmストアは、カスタマーがアセットを評価することを可能にします。該当するアセットをダウンロードしたカスタマーのみがそれを評価できます。 mUniSmの独自の判断で配置を変更することができるmUniSmの機能によりますが、通常、より高い配置が与えられたより高い評価のアセットを持つmUniSmストアでのアセットの配置を決定するために、アセットの評価が使用されます。 mUniSmは、mUniSmの独自の裁量により決定される方法でカスタマーにアセットを表示する権利を留保します。
    2. プロバイダのアセットは、プロバイダが同意しない場合がある格付けの対象となる場合があります。さらに、コミュニティの評価やプロバイダの履歴など、mUniSmが関連性があると見なすその他の要因がそのような評価に影響を与える可能性があります。プロバイダがそのような評価に関して質問または懸念がある場合、プロバイダはmUniSmに連絡することができます。
  9. マーケティングプロバイダのアセット
    1. プロバイダは、プロバイダのアセットをmUniSmストアにアップロードし、必要なアセット情報をカスタマーに提供し、アセットが機能するために必要なセキュリティ権限を正確に開示する責任を負います。正しくアップロードされていないアセットは、mUniSmアセットに公開されません。
    2. さらに、プロバイダは、Unityプラットフォーム上及びmUniSmプラットフォーム上でアセットを新しいバージョンに更新する責任を負います。
  10. 制限付きコンテンツ
    1. プロバイダは、サービスの提供を可能にするソフトウェア開発キットを含むアセットをmUniSmストアを介して配布してはなりません。
    2. プロバイダは、不正確、有害、わいせつ、ポルノ、中傷的、人種差別的、暴力的、攻撃的、嫌がらせ、またはその他不快なアセットやその他のコンテンツを、mUniSmストアを介してアップロード、投稿、その他の方法で送信しないことに同意します。mUniSmまたはmUniSmストアまたはカスタマー。さらに、プロバイダがmUniSmストアで配布するアセットは、いつでも有効なmUniSmストアガイドラインを遵守する必要があります。ただし、かかるガイドラインと本契約との間に矛盾がある場合は、本契約が優先するものとします。 mUniSmはアセットまたはその内容を監視する法的義務を負うものではありませんが、mUniSmはそれを監視する権利を留保します。mUniSmストアにアップロードされたアセットについてmUniSmストアガイドラインに準拠していないことが、mUniSmがプロバイダから通知を受けた、またはその他の方法で発見された場合、mUniSmは、プロバイダの編集およびその他の変更を要求することができます。例えば、アセットをmUniSmストアの設計に適合させ、mUniSmストアの設計に関連した欠陥を回避する目的で、アセットの一部を構成する資料および説明を要求し、最終的には、本アセットを編集および変更する権利をmUniSmは有するものとします。さらに、アセットはmUniSmの単独の裁量により予告なしにいつでもmUniSmストアから削除することができるものとします。
    3. プロバイダは、プロバイダがmUniSmストアにアップロードしたアセットを販売することを目的とした画像およびテキストが誠実かつ正確であり、アセットのスクリーンショットの虚偽表示を行わないことを表明し保証します。

第6条ライセンス交付

  1. プロバイダは、mUniSmストアおよびmUniSmストアの運営およびマーケティングに関連して、管理目的およびデモンストレーション目的でアセットを複製、実行、頒布、変更、表示、および使用するための、非独占的で世界的かつロイヤリティフリーのライセンスをmUniSmに付与します。
  2. 上記4.2のプロバイダに記載されている70パーセントの支払いを除いて、mUniSmストアからアセットを配布するための非独占的かつロイヤリティフリーのライセンスをmUniSmに付与します。
  3. mUniSmは、本契約に基づく義務の履行および権利の行使に関連して、そのようなコンサルタントおよび契約者がmUniSmと同じ義務を負うことを条件として、コンサルタントおよびその他の契約者を使用することができます。本契約の終了後、mUniSmは、以前にプロバイダのアセットの使用許諾を受けていないカスタマーにプロバイダのアセットを配布することはありませんが、mUniSmがアセットの削除を免れて存続する義務を果たすためにアセットのコピーを保持および使用することができます。
  4. プロバイダは、現在知られている、または今後開発される任意の媒体でmUniSmストアにアップロードするすべてのアセットに対して、非独占的で世界規模のライセンスを付与します。(a)プロバイダに代わってプロバイダのアセットを複製、ライセンス供与、および頒布する。宣伝目的および商業目的で公に行う、公に表示する、デジタル的に行う、または送信すること。 (b)プロバイダのアセットまたはmUniSmストアのアセットを実証または宣伝する目的で、アセットおよびその内容のサンプルを作成および使用すること。 (c)プロバイダ資料に関連してプロバイダアセットに組み込まれた商標、サービスマーク、または商品名を使用する。 (d)プロバイダの素材に関連してのみ、プロバイダのアセットに表示されている個人の名前と類似性を使用すること。
  5. 他にmUniSmによる書面による合意がない限り、プロバイダはEULAに規定されているライセンスを、任意のアセットにライセンスを付与するカスタマーに付与するものとします。
  6. カスタマーがmUniSmストアからライセンスを受けるすべてのアセットは、mUniSmによる別段の合意がない限り、EULAの対象となります。
  7. プロバイダはここで、各アセットに適用されるEULAはプロバイダとカスタマーの間だけにあることを認め、mUniSmはEULAまたはプロバイダまたはカスタマーによるすべてのEULAの契約条件のいずれかの違反に対して一切の責任を負いません。
  8. プロバイダは、プロバイダのアセットにおいて、また必要なすべての特許権、商標、企業秘密、著作権またはその他の所有権を含む、本契約に定める権利を提供するために必要なすべての知的所有権を提供するものです。プロバイダが第三者の素材を使用する場合、プロバイダは、プロバイダが第三者の素材をアセットに配布する権利を有することを表明し保証します。プロバイダは、著作権で保護されているか、企業秘密によって保護されているか、そうでなければ特許、プライバシー、および宣伝権を含む第三者の所有権の対象となる素材をmUniSmストアに提出しないことに同意します。

第7条ブランドの特徴と宣伝

  1. 各当事者は、そのブランドの特徴に関連して、すべての知的財産権を含むがこれに限定されないすべての権利、権原および利益を所有するものとします。本契約で明示的に規定されている限られた範囲を除いて、当事者は、他の当事者のいかなるブランド機能においても、または他の当事者のブランド機能に対していかなる権利、権原または利益も含みません。
  2. mUniSmストアを通じたプロバイダのアセットの分配および販売に関連する場合、あるいは本契約に基づく義務を履行する場合のみ、本契約の契約条件に従って、プロバイダは、本契約の期間中に、mUniSmまたはその関連会社に対して、オンラインまたはモバイルデバイスでのみ使用するために、プロバイダからmUniSmに送信されたプロバイダのブランド機能を表示する限定的で非独占的なライセンスを付与します。
  3. プロバイダがmUniSmストアでの特定のアセットの配信を中止した場合、mUniSmが第4.8条を有効にするのに必要な場合を除き、mUniSmは通知の受領から合理的な期間後に中止したアセットのブランド機能の使用を中止します。
  4. 本契約のいかなる条項も、プロバイダにmUniSmのブランド機能を使用する権利を与えるものではありません。
  5. プロモーション
    1. 上記第7.1項および第7.3項で付与されたライセンスに加えて、mUniSmストアにおけるプロバイダのアセットのプレゼンス、配布および販売を宣伝する目的で、mUniSmおよびその関連会社は下記の場合においてプロバイダから提出されたプロバイダのブランド機能を含むことができます。
      1. mUniSmストア内およびmUniSmが所有するオンラインまたはモバイルのウェブページ、及びアプリ内。
      2. mUniSmストアからの他のアセットと一緒に言及された場合、mUniSmストアの外部でのオンラインまたはモバイルデバイスのウェブページ、及びアプリ内。
      3. 本アセットの利用可能性についてオンラインまたはモバイルデバイスで発表する場合。
      4. プレゼンテーション
      5. オンラインまたはモバイルデバイスのいずれかに表示されるカスタマーリスト(mUniSmストアを含む、mUniSm Webサイトに掲載されたカスタマーリストが含まれますが、これらに限定されません)。
    2. プロバイダがmUniSmストアでの特定のアセットの配信を中止した場合、mUniSmは通知を受け取ってから合理的な期間後に、そのようなマーケティング目的のために中止したアセットのブランド機能の使用を中止します。

第8条アセットの削除

  1. プロバイダによる削除
    1. プロバイダは、いつでもmUniSmストアを介して配信からプロバイダのアセットを削除できますが、プロバイダは、本規約とmUniSmストアを介して配信されるアセットに関するペイメントサービスの利用規約(これに限定されない払い戻し要件を含む)に従う必要があります。 mUniSmストアを介した配信からプロバイダのアセットを削除する場合、(a)以前にプロバイダのアセットを購入またはダウンロードしたカスタマーのライセンス権に影響はありません。(b)カスタマーが以前に購入またはダウンロードしたカスタマーの機器またはmUniSmストアの一部に保存されているアセットは削除されません。または(c)カスタマーが以前に購入またはダウンロードしたアセットまたはサービスを提供またはサポートするプロバイダの義務は変更されません。 上記にかかわらず、いかなる場合でもmUniSmはmUniSmストアの一部(以前に購入またはダウンロードしたアセットがカスタマーに代わって保存されるmUniSmストアの一部を含むがこれに限定されない)について、プロバイダが削除した、または(i)あらゆる著作権、商標、企業秘密、トレードドレス、特許またはその他の知的財産権の侵害または実際の侵害の申し立て、及び(ii)名誉毀損または実際の名誉毀損の申し立て、(iii)第三者のパブリシティ権またはプライバシー権の違反または実際の違反の申し立て、(iv)そのようなアセットが適用対象に準拠していないという申し立てによりmUniSmに書面で通知された削除に対してアセットを維持しません。
    2. プロバイダがセクション8.1.1の(i)、(ii)、(iii)または(iv)に従ってmUniSmストアからアセットを削除し、カスタマーが4週間以内にそのアセットのライセンスを購入していた場合、プロバイダは、カスタマーの要求に応じて、上記の第4.3項に基づいてmUniSmが受け取った30パーセントを含む、それらのアセットのライセンスに対してかかるカスタマーが支払ったすべての金額をカスタマーに返金する必要があります。
  2. mUniSmによる削除
    1. mUniSmはアセットまたはそのコンテンツを監視する法的義務を負いませんがmUniSmはそれを監視する権利を留保し、mUniSmがプロバイダから通知されるか、そうでない場合は、アセットまたはその一部、またはプロバイダのブランドを独自の裁量で認識し、処理します:(a)第三者の知的財産権またはその他の権利を侵害するもの。 (b)適用される法律に違反するか、差し止め命令の対象となるもの。 (c)mUniSmの独自の裁量で随時更新される可能性のある、ポルノ、猥褻、またはmUniSmのホスティングポリシーまたはその他の利用規約に違反するもの。 (d)プロバイダによって不適切に配布されているもの。 (e)mUniSmになにかしらの責任を負わせる場合があるもの。 (f)mUniSmによってウイルスがあると見なされるか、マルウェア、スパイウェア、またはmUniSmに悪影響を及ぼすと見なされるもの。 (g)本契約またはmUniSmストアガイドラインの条件に違反しているもの、または(h)アセットの表示がmUniSmサーバーの整合性に影響しているもの(つまり、カスタマーがそのようなコンテンツにアクセスできないか、そうでないトラブルを生み出している)。上記の場合、mUniSmはプロバイダにアセットの修正を要求する場合があります。さらに、mUniSm自体がアセットを編集および変更する権利を有します。最後に、mUniSmは、mUniSmストアから直ちにアセットを削除する権利、または独自の裁量で、いかなる責任も負わずにアセットを再分類する権利を有します。 mUniSmは、独自の裁量により、プロバイダをmUniSmストアから一時停止または禁止する権利を留保します。
    2. プロバイダのアセットが、欠陥、悪意がある、または他者の知的財産権を侵害している、または主張されている、及び、中傷、第三者のパブリシティ権またはプライバシー権を侵害している、または法律に従わない、等の理由によりにmUniSmによって削除され、カスタマーが削除から4週間以内にアセットのライセンスを購入していた場合、プロバイダは、カスタマーの要求に応じて、上記の第4.3項に基づいてmUniSmが受け取った30パーセントを含む、それらのアセットのライセンスに対してかかるカスタマーが支払ったすべての金額をカスタマーに返金する必要があります。
    3. 8.2.1で指定された理由に加えて、mUniSmは30日前の通知を行った後、mUniSmの独自の裁量でmUniSmストアからアセットを削除することがあります。

第9条プロバイダによるアセットのアップグレード

  1. プロバイダは、カスタマーおよびmUniSmに無料で、mUniSmストアを介して、カスタマーがmUniSmストアを介してライセンスを取得したすべてのアセットのアップグレードまたは更新バージョンを提供します。疑念を避けるために、このセクション9.1は、(a)アップグレードまたはその他の方法で更新されたアセットがアップグレードまたはその他の更新前と同じIDである場合にのみ適用されます。 (b)mUniSmストアを介して無料で配布されたアセットにも適用されます。

第10条プライバシー、情報、機密性

  1. mUniSmストアを継続的に革新および改善するために、mUniSmは、mUniSmストアの使用方法に関する情報を含むがこれに限定されない特定の使用統計をmUniSmストアから収集する場合があります。
  2. 収集されたデータは、カスタマーおよびプロバイダ向けのmUniSmストアを改善するために集約され、いつでも有効なmUniSmのプライバシーポリシーに従って維持されます。アセットの改善を確実にするために、mUniSmは、独自の裁量により、限定された集約匿名データをプロバイダに提供することができます。
  3. プロバイダは、mUniSmストアに関するmUniSmからの定期的なメール通知を受け取ることに同意します。

第11条本契約の終了

  1. この契約は、以下に記載されているプロバイダまたはmUniSmによって終了されるまで適用され続けます。
  2. プロバイダは、mUniSmストアの使用を中止し、mUniSmストアからアセットを削除することにより、本契約を終了することができます。
  3. mUniSmは、(a)プロバイダが契約に違反した場合 (b)mUniSmが法律によりこれを行う必要がある場合、または(c)mUniSmがmUniSmストアを提供しないことを決定した場合、いつでも本契約を終了することができます。
  4. 終了時に、プロバイダおよびmUniSmが恩恵を受けている、対象となる(契約が施行されている間に時間の経過とともに生じたもの)、または無期限に継続すると表明されたすべての法的権利、義務、および負債は、この影響を受けません。
  5. いずれの当事者も、相手方に通知することにより、いつでも本契約を終了できます。

第12条保証の否認

  1. プロバイダは、プロバイダによるmUniSmストアの使用がプロバイダの唯一のリスクであり、mUniSmストアがいかなる保証もなしに「現状有姿」および「利用可能」で提供されることを明確に理解し、同意します。
  2. プロバイダのmUniSmストアの使用、およびアセットのダウンロードまたはmUniSmストアを通したその他の方法での取得は、プロバイダの独自の裁量とリスクにより行われます。プロバイダは、そのようなコンピューターシステム、またはそのような使用から生じるデータのその他の機器または損失に対するプロバイダのいかなる損害についても自身で責任を負います
  3. プロバイダは、mUniSmストア以外のプロバイダのアセット(海賊ウェブサイトまたはそのようなものからのアセットの販売またはその他の分布)の不正使用に対して、mUniSmが責任を負わず、責任を負わないことを明示的に理解し、同意します。mUniSmはこれらに対してかかる責任を明示的に否認します。
  4. mUniSmは、商品性、特定の目的への適合性および非侵害の黙示的な保証および条件を含むが、これらに限定されない、明示的または暗示的ないかなる種類のすべての保証および条件も明示的に否認します。

第13条責任の制限

  1. プロバイダは、mUniSmおよびその子会社、持株会社およびその他の関連会社が、すべての行動の原因からの全責任を負い、これらの条項の下でのすべての責任の理論が、紛争に関連するアセットに対するmUniSmに過去6ヶ月以内に支払った金額に限定されることを明確に理解し、同意します。いかなる場合においても、mUniSmまたはその子会社、持株会社およびその他の関連会社は、特別、偶発的、懲罰的、懲罰的または結果的損害(データの損失、ビジネス、利益または実行する能力を含む)に関する責任、または本規約の条項やmUniSmストアの利用、アセットのダウンロードやその他のmUniSmストアからのアセットの取得に起因する代替品の調達費用に関する責任を負わなければなりません。いずれの責任も契約、保証、不法行為(過失を含む)、厳格な責任、またはその他に基づく請求に起因するものであり、mUniSmはそのような損失または損害の可能性について知らされています。上記の制限は、本契約で指定された限定的な救済策がその本質的な目的を達成できなかった場合でも存続し、適用されます。

第14条補償

  1. 法律で許可される最大限の範囲で、プロバイダは、mUniSm、その関連会社、およびそれぞれの取締役、役員、従業員、および代理人を、あらゆる第三者の請求、訴訟、または(a)本契約に違反するプロバイダによるmUniSmストアの使用 (b)個人の著作権、商標、企業秘密、トレードドレス、特許またはその他の知的財産権を侵害したり、個人を中傷したり、パブリシティまたはプライバシーの権利を侵害するプロバイダのアセット (c)セクション4.4に基づく行為または行為の失敗。または(d)プロバイダによるカスタマーへのサービスの提供によって発生したまたはこれから発生するあらゆる損失、負債、損害、および費用(合理的な弁護士費用を含む)から弁護、保証、および無害化することに同意します。
  2. 法律で許可される最大限の範囲で、プロバイダは、該当する支払処理者(mUniSmおよび/または第三者を含む)および支払処理者の関連会社、取締役、役員、従業員、および代理人をmUniSmストアを介して配布されるアセットのプロバイダの配布、カスタマーが購入したプロバイダのアセットライセンスまたはライセンスの取引、またはセクション4.4に基づく行為または不履行に関連する税金によって発生したまたはこれから発生するあらゆる損失、負債、損害、および費用(合理的な弁護士費用を含む)から弁護、保証、および無害化することに同意します。

第15条契約の変更

  1. mUniSmは、mUniSmストアに改訂された契約を掲載することにより、いつでも本契約を変更できます。

第16条一般的な法的条件

  1. 本契約は、プロバイダとmUniSm間の法的契約全体を構成し、プロバイダによるmUniSmストアの使用を規定し、mUniSmストアに関するプロバイダとmUniSm間の以前の契約を完全に置き換えます。
  2. プロバイダは、mUniSmが本契約に含まれる法的権利または救済策を行使または実施しない場合(またはmUniSmが適用法の下で利益を得る場合)、mUniSmの権利の正式な放棄とみなされないことに同意します。これらの権利または救済策は引き続きmUniSmで利用できます。
  3. 本件を決定する管轄権を有する法廷が本契約の条項が無効であると裁定した場合、その条項は本契約の残りに影響を与えることなく本契約から削除されます。本契約の残りの条項は引き続き有効であり、強制力があります。
  4. プロバイダは、mUniSmが属する企業グループの各メンバーが本契約の第三者受益者であり、そのような他の企業は、利益を付与する本契約の条項を直接執行し、それに依存する権利を有することを認め、同意します(またはそれらを支持する権利)。これを除き、他の個人または会社は本契約の第三者受益者となることはできません。
  5. 輸出制限。mUniSmストアのアセットは、輸出法および規制の対象となる場合があります。プロバイダは、プロバイダのアセットの分配または使用に適用されるすべての国内および国際輸出法と規制を遵守する必要があります。これらの法律には、目的地とカスタマーに関する制限が含まれています。
  6. 本契約で付与された権利は、mUniSmの事前の書面による承認なしにプロバイダによって譲渡または譲渡することはできません。本契約で付与された権利は、プロバイダの事前の承認なしにmUniSmによって譲渡または移転される場合があります。さらに、mUniSmは、プロバイダの承認なしに、本契約に基づく責任または義務を委任することを許可されます。
  7. 本契約、および本契約に基づくプロバイダとmUniSmの関係は、抵触法の規定に関係なく、日本の法律に準拠するものとします。本契約に起因または関連する紛争は、その存在、有効性、または終了に関する紛争を含め、日本における仲裁機関が手配する簡易仲裁により解決されるものとします。手続きが開始された時点で有効です。プロバイダは、mUniSmがいかなる管轄区域においても差止命令による救済(または同等の緊急の法的救済)を申請することを許可されることに同意します。
  8. セクション4.4、6、7.1(mUniSmがセクション4.8を実施できるようにするために必要な場合のみ)、8、12、13、14、および16の義務は、本契約の満了または終了後も存続します。

第17条お問い合わせ窓口

本規約に関するお問い合わせは,下記の窓口までお願いいたします。

お問い合わせ



第2版:2019年10月31日策定

mUniSm Co.,Ltd. All rights reserved.